めるまが 民事信託専門チャンネルへようこそ  【第三者のためにする契約(その1)】

/////////////////////////////////////////////////////
高齢期を迎える前に!
ご自身のことはもとより
ご家族の生活の福祉について最善の対策を考えておきましょう。
/////////////////////////////////////////////////////

inserted by FC2 system
この度メルマガ配信の題名をVol.形式でなく内容を反映させた題名とすることにしました。
皆様がバックナンバーを参照し易くするためです。
そこで今回Vol.7を「民事信託の基礎 第三者のためにする契約(その1)」と題して改めてご送付致します。

今回から、民事信託の基礎を解説していきます。
さて、信託制度は信託法に規定されています。
しかしいきなり信託法から入るのはハードルが高いと思われるかもしれませんので、今回は民法の「第三者のためにする契約」についてご紹介したいと思います。
条文は最後に照会しますが、要はこういうことです。

あるお父さんのお孫さんたちが小学校に入学することになりました。そこでランドセルをプレゼントすることにしました。
そこでお父さんはさる有名ブランドを扱うかばん屋さんにランドセルを注文しました。
代金を支払ってランドセルを受け取るのであれば普通の売買契約です。
しかしお父さんはかばん屋さんにランドセルは遠方に住む孫たちに直接送ってほしいと頼みました。
これが、第三者(=孫たち)のためにする契約です。



(参照)
民法
(第三者のためにする契約)
第五百三十七条 契約により当事者の一方が第三者に対してある給付をすることを約したときは、その第三者は、債務者に対して直接にその給付を請求する権利を有する。
inserted by FC2 system


=======================================
川杉直司法書士事務所
ブログ 民事信託専門チャンネル
Mail; tadashi.kawasugi@gakushikai.jp
=======================================

inserted by FC2 system