めるまが 民事信託専門チャンネルへようこそ 【第三者のためにする契約(その2)】

/////////////////////////////////////////////////////
高齢期を迎える前に!
ご自身のことはもとより
ご家族の生活の福祉について最善の対策を考えておきましょう。
/////////////////////////////////////////////////////

inserted by FC2 system
前回民法の第三者のためにする契約について学びました。


さて信託の勉強への橋渡しとして、上の図に若干付け加えます。これらは、法律学上正確なものではありませんが、あくまで信託を理解するための方便だとご理解ください。

お父さんは、ランドセルを孫に届けてほしいとかばん屋さんに委託しました⇒お父さんは【委託者】です。
かばん屋さんは、お父さんからお孫さんにランドセルを届けることを受託しました⇒かばん屋さんは【受託者】です。
お孫さんたちは、ランドセルを貰うという利益を受けました⇒お孫さんたちは【受益者】です。

先の図は次のように表すことができます。



信託には、「委託者」、「受託者」、「受益者」が必ず登場しますので、これらの用語に慣れ、おおよその意味を理解しておいてください。

inserted by FC2 system


=======================================
川杉直司法書士事務所
ブログ 民事信託専門チャンネル
Mail; tadashi.kawasugi@gakushikai.jp
=======================================

inserted by FC2 system